男の人

危険な蜂の巣を退治する方法|業者に任せて生活を安全に

危険なスズメバチ

巣

蜂の中でも、最も危険な種類はスズメバチと言われています。スズメバチといっても、日本には3属16種もの種類が生息しています。それに、とても性格は攻撃性と威嚇性が高い虫になりますので近くを歩いた振動だけでも攻撃してくることがあります。ですから、蜂の巣があったらとても危険な状況になるというわけです。他にも、とても縄張り意識が高いのでえさ場の近くにいても威嚇して攻撃してくることがあります。スズメバチは、数百匹という多い数で群れを作っているので少しでも刺激してしまうと集団で攻撃してきます。そうなれば、逃げ切ることは難しいでしょう。もし刺されてしまった場合は、刺された部分が激痛を感じますし、腫れあがって大変なことになります。場合によっては、呼吸困難の症状が起こったり、刺されたショックで死んでしまったりすることもあると言われているほど危険な状態になります。少し昔であれば、助からないと言われていましたが、現代では抗ヒスタミン剤という塗り薬を塗ってから早急に病院へ行きましょう。そうすれば、適切な治療を受けられるようになります。

このようにとても危険な蜂になりますので、蜂の巣を見つけたら早急に駆除業者へ依頼して退治してもらわないといけないのです。蜂の巣の退治を依頼する時は、ご近所の方々にも説明して退治作業を行なっている最中は外へ出てこない、または離れてもらうようにしましょう。蜂の巣を退治する時は、スズメバチも自分達の住んでいる場所を撤去されるのですから興奮していてとても危険な状態になります。プロであっても危険な状況になると言われているので、自分達だけではなくご近所の方々にも事情を説明しておかないといけません。作業にかかる時間は、先に教えてもらうことができるのでそのまま伝えるといいでしょう。